まえきんブログ

*文系出身SEが綴る、日常・趣味・体験談・スキルアップについての雑記ブログ*

【Excel VBA愛読書紹介】『Excel VBAを実務で使い倒す技術』

まえきんです!

私は実務の手作業の自動化ツール作成を通じて、Excel VBAを日々勉強しています。

スキルアップの一環としても、VBAの関連書籍に目を通す機会が多くなりました。

このシリーズでは、普段愛読書として読んでいるExcel VBA書籍の中でも

特にお気に入り/おススメの書籍についてご紹介していきます。

目を通して下さった全ての読者様のご参考になれば幸いです😊

👇今回の書籍はこちらです。

■『Excel VBAを実務で使い倒す技術』

著者: 高橋宣成 氏

f:id:maekinblog:20220320232624j:plain

この本はVBAの実践書でありながら、VBEの使い方やVBA

コーディングルール(作法)、設計や運用手法等が丁寧に解説されており、

実務でVBAを扱っていくうえで必要かつ大切なエッセンスが凝縮された

良本だと思います。しかも読みやすいです。

いわゆるVBAコードの学習本というよりは、VBAの知識がある程度

身についていると、よりとっつきやすい実践的な読み物になっています。

(完全に余談ですが、個人的には表紙デザインも好きです😊)

私のVBA初心者を実現してくれた本のひとつです。体系的な勉強を終えてVBA

基本的な知識がある程度身につき、簡単なツールも作れるようになり、そろそろ

実務でもVBAを本格的に使っていきたいなぁと思っていた矢先にこの本に出会い

ました。某書店で手に取って読んでみると、当時の私のニーズにあまりにも

ピッタリな内容で感動し、即買いしたのをよく覚えています。

私の中で特に印象深かったのは、

バグとの向き合い方
VBAコードのストック化

について言及されていた箇所です。

<①について>

私は初めツールを作成する過程でエラーが出ることに嫌悪感を抱いていました。

しかし、この本の解説を通してデバッグ作業の重要性について教えられ、今では

本の中にもある通り、エラーメッセージは情報の宝庫、エラーは成長の糧

ポジティブに捉えられるようになりました。実務のツール作成においても、

エラーを恐れなくなったことが何よりの成果だと思っています。

<②について>

私の中では革命的な内容でした。コードをどんなに頭に詰め込んだとしても、

結局忘れてしまうという事実に頭を抱えるのではなく、長期記憶に頼らなくても

よい」という安心感を与えてもらいました。自分が書いたVBAコードをストックして

おけば、コーディング速度が倍増するということ、試行錯誤して自ら書いたもの

なので正しく動くことも証明済みで即利用/引用可というところが何より魅力的

でした。 ストックしたVBAコードは、全て自分の財産になるということですね!

VBAコードをストックする方法については、エクセルの一覧にまとめています。

この辺のご紹介も今後していきたいと思っています😊)

こうした知識・考え方は現在もなお、自分自身の実務で活かされています。

この本に啓発されるところは読み手の数だけ違うと思いますが、すべての

VBA初心者にとって、今よりも前進、スキルアップできることは間違いない

私は思いました。

以上のことから、Excel VBAに少しでも興味がある方は是非手に取って頂きたい

1冊です。この本を読み終えた時、VBA初心者の頃とは違った世界が待っている

はずです。啓発されたところをうまく実務に取り入れて、これからもExcel VBA

末永く使い倒していきたいと思います!!

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!