まえきんブログ

*文系出身SEが綴る、日常・趣味・体験談・スキルアップについての雑記ブログ*

集中できる環境探し(具体的な環境の選定)#2

f:id:maekinblog:20220211234537j:plain

まえきんです!

このシリーズでは、自分がやりたいこと等に

「集中できる環境探し」についてあれこれ考えております😊

前回は「集中できる環境探し」に興味を持ったきっかけについて綴ってきました。

集中できる環境探し(prologue)#1 - まえきんブログ (hatenablog.jp)

今回は、前回触れた「ビジネスホテルを一人合宿の舞台にすること」を前提に、

具体的に一人合宿を行うための環境選びの基準について思いつくままに

まとめていきたいと思います。※個人の見解ですm(_ _)m

基準その1:距離

自宅からの距離が適度に離れていること

非日常感を出すという意味では、やはり欠かせない要素だと思います。

ただあまりにも遠すぎると、もはや旅行と変わらなくなります。また、

移動に時間を掛けすぎると集中力が削がれたり、作業を頑張る前に疲れてしまうので

あまりよろしくありません。遠すぎず近すぎず、個人的にはMAX1時間以内で

いける場所を選ぶのがよいかなと考えています。蛇足ですが、同じ市内の

ビジネスホテルとかだとチェックインする時に受付の人に変な目で見られないかな

という不安も除くための策でもあります 笑

(まぁ自分が思っているほど気にはしていないんでしょうけども😅)

大きな駅から近い場所にあること

これも大事なポイントであると思います。例えば新幹線が停車する駅(JR 駅とか)

そうした「大きな駅」から近いホテルだと何かと便利なイメージがあります😊

さらには駅から徒歩数分で行ける場所が理想的ですね。

①交通のアクセスがよい👈行き帰りが楽

②ご飯処もたくさんある

③ちょっとした買い物もできる👈日用品/本/薬など

こうしたメリットがあるのも魅力的ですね!

基準その2:設備

有線LANが使えること

フリーのWi-Fiもいいですが、通信速度の観点からみてもやはりこれに勝る

通信手段はないかと。通信制限もないのでなおGOOD😊LANケーブルは備え付けの

ものでも十分かと思いますが、長さが気になるのであれば使い慣れたマイケーブルを

持参するのもありですね!

部屋が広いこと

結構長時間の作業をする場合、メインの作業環境になるであろう机が

広くゆったりとしたスペースとして確保されているとよいですね!

シングルルームだと、これが結構窮屈だったりするんですよね。。色々調べたところ、

賢い方は「ツインルームの一人利用」のような広い部屋が使えるプランを選んでいる

ようです。なるほど!!と思いました。料金も意外と数千円しか変わらなかったり

するそうです。デメリットとしてはプラン自体が数少なく、予約を取りづらいこと

があげられるようです。よいプランは、早めに予約することが重要のようです。

シャワーの勢いが強いこと

これ共感してくださる方いますかね😅場所によっては明らかにシャワーの勢いが弱く、

特に洗髪に至っては全く洗った気がしないのです。髪が長くなっている時期に宿泊する

と洗い流すのにも一苦労です 笑 逆に、シャワーの勢いが強めのホテルにあたると、

それだけでもうそのホテルの印象や自分のテンションが爆上がりします😊

ちょっと運ゲーみたいな要素があるかもですね。些細なことかもしれませんが、

バスタイムも快適に過ごしたいものです♨✨

アメニティが充実していること

長時間の作業を想定する場合、気分転換を図れる環境も重要かと思います。

例えば温泉やフィットネス、マッサージ等があるホテルがいいですね。

まぁ、、まだ今の段階では正直そこまでは求めてはいませんが、いずれ一人合宿の

上級者になったときにはこちらも楽しめるぐらい余裕を持てるようになりたいです 笑

 

他にも色んな選び方があると思います。私自身も今後「基準その3」以降が

出てくるかもですが、今思いつく限りだとざっとこんな感じです。

(思いついたら、また続編書きます)

一人合宿をされた経験者や私と同じように一人合宿に興味を持ち始めている方、

自分ならこんな基準で選ぶよーというものがあれば是非教えてもらえると嬉しいです😊

次回は「一人合宿を行うメリット」について、掘り下げて調べていきたいと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!